カーシェアリングおすすめランキング2019!人気のカーシェアを徹底比較!

おすすめの人気カーシェアリング

ここ最近で利用者が増えているカーシェアリングを、「料金」「ステーション数」「車両台数」などを徹底比較!

≈タイムズ、オリックス、カレコの大手3社のカーシェアをはじめ、dカーシェア、カリテコなどおすすめポイントや最新情報をご紹介。

このサイトは、カーシェアリング各社のサービス内容をまとめています。
どのカーシェアリングを利用するか迷っているあなたのお役に立つように心がけ、確かな情報をお届けします!

総合ランキングを見る>

カーシェアを選ぶポイントをおさえよう!

カーシェアはやっぱり料金が安いものを選んだほうがいいのかな?
料金も大事だけど、それだけで選んでは失敗します!
たとえ料金が安くても家の近くにカーステーションが少なければ、いざ乗りたいときに乗れないなんてことになるんだ!
確かに、乗りたいときに乗れなかったら意味ないじゃない。。
そうだね。だからカーシェアを選ぶときは次のポイントに気をつけよう!
  • 自宅周辺のカーステーションの数
  • ステーションい置いてある車両台数
  • 料金のやすさ
例えば下の2社だったら、絶対A社を選ぶべきだね!
A社 B社
周辺のステーション数 3つ 5つ
ステーション毎の車両台数 4台 1台
合計車両台数 12台 5台
ステーション数が多くても乗れる車が多いとは限らないんですね!
そのとおり!
周辺状況の正確な情報は、公式サイトにしかないから、必ず公式サイトでチェックするようにしよう!


公式サイトで周辺のステーションを確認する

カーシェア総合ランキング

まずは「料金」「サービス」「評判」から、おすすめのカーシェアリングの総合ランキングご紹介します。

第1位 カレコ

入会費0円!
月額無料プランあり!
おすすめ度

おすすめポイント

  • 利用料金が安い!安さを求める方に
  • 月額無料プランもある!
  • 15時までに登録すれば当日乗車可
  • 高級外車も充実!ベンツ,アウディ
1時間あたり ¥780 6時間パック ¥3,800
ステーション 1,662 車両台数 2,794
サービス地域 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、京都府、兵庫県、岡山県、沖縄県
特徴
安さを求めるならカレコ1択ですね
登録までの時間が早いので、今すぐ乗りたい人はカレコで決まりですね!
ちなみに他社は1週間ほどかかります!
さらに月額無料プランもあるので、あまり乗らない人でも安心して利用できます。

第2位 Timesカーシェアリング

クイック入会でカード発行手数料が1,550円 → 無料
おすすめ度

おすすめポイント

  • ステーション数が多く全国展開!
  • 最大12時間まで距離料金不要!
  • 無人発券機があれば、当日乗車可!
1時間あたり ¥824 6時間パック ¥4,020
ステーション 10,459 車両台数 20,985
サービス地域 全国
特徴
タイムズのカーシェアは、業界でダントツトップのステーション数と車両台数を持っています!
さらに6時間パック+延長6時間で最大12時間までは距離料金がかかりません!

第3位 Orixカーシェア

・月額基本料980円が2ヶ月無料
・1600円分の時間料金が2ヶ月間無料!
おすすめ度

おすすめポイント

  • パック料金が安い!
  • 月額無料プランあり!
  • サービス地域が広い
1時間あたり ¥800 6時間パック ¥3,500+距離料金
ステーション 1,654 車両台数 2,703
サービス地域 青森県、岩手県、宮城県、福島県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、兵庫県、沖縄県
特徴
カレコに続いて料金が安いです!パック料金によってはカレコよりも安くのれます! 今後に期待ですね!

第4位 dカーシェア

今ならdポイント1,000pプレゼント
おすすめ度

おすすめポイント

  • 月額料金無料!
  • マイカーシェアとレンタカーも使える
  • 即日登録可能!
1時間あたり ¥960〜 6時間パック ¥4,600〜
ステーション 3,900 車両台数 6,400
サービス地域 青森県、岩手県、宮城県、福島県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、兵庫県、岡山県、沖縄県
特徴
月額無料プランのみのdカーシェア。無料なのでとりあえず登録はしておきたいですね!
カレコとオリックスのサービスを利用できるので、ステーション数もタイムズに続いて2位となります!
普段利用しなくても、カレコが空いてないときなどは重宝です!

総合的に見るとカレコがおすすめですね!料金も安く、即日乗れて、スマホで解錠できるというのは、やはり嬉しいです。

ただ、カレコは主要都市を中心にサービス展開しているので、地方にお住まいの方にはあまりおすすめできません。

登録する前に周辺にステーションがあるか必ずチェックしましょう!

公式サイトで周辺のステーションを確認



いかがでしたでしょうか?

一般的におすすめのランキングはこんな感じになりますが、次は実際にどのようにしてカーシェアリングを選ぶべきか、ご紹介します!

カーシェアを契約してから後悔しないように、ぜひ読んでみてください!

3年間カーシェアを使った私が学んだカーシェアの選び方

例えば安さだけでカーシェアリングの会社を選んでしまうと後で公開することが多々あります!

そうならないように、実際に3年間カーシェアを使った私が、あなたが選ぶべきカーシェアリングを教えます!

近くにステーションがあるか確認する!

いちばん大切なのは、あなたがカーシェアを利用する場所の近くに「ステーションがあるか」を公式サイトで確認することをおすすめします!

公式サイト以外でも、各社のステーションの位置が分かるサイトがありますが、リアルタイムで反映されるのは公式サイトなので、必ず公式サイトで確認しましょう!

たとえば自宅の近くで使うことが多ければ、自宅付近にステーションがあるかどうかを確認する必要がありますし、会社の近くで使うなら、その周辺にステーションがあるかを必ず確認しましょう!

いくら安くても乗りたい時に乗れないのでは意味ないですし、前々から予約するならレンタカーの方が圧倒的に安いですからね!

公式サイトで周辺のステーションを確認する

どんな使い方をするか

カーシェアを使う用途でも大きく変わります。

例えば、移動だけならコンパクトカーでも良いですが、「大量に買い物したい」とか「家族5人でアウトドア」とかだと、コンパクトカーだとキツイです!

乗れる車はカーシェアによって違うので、チェックしといた方がいいでしょう!

例えばA社ではコンパクトクラスで7人乗りの「ホンダフリード」に乗れるのにB社では料金も高いミドルクラスでしか乗れない。とかって事があります。

安いと思って選んだのに、結局高くなってしまう。なんて事がないように気をつけたいですね!

他にも、デートで使う場合は、いい車が揃ったカーシェアリングの方がいいですね!

中には高級外車に乗れるカーシェアリングもあるので、チェックしておきましょう!

旅行先で使うか

旅行先で使うことはあまりないかもしれませんが、もし使うとしたら、全国的に展開しているカーシェアを選んだ方がいいですね!

ほとんどのカーシェアは、主要都市エリアのまの展開ですが、中には全国で展開しているカーシェアもあります!

もし旅行先で使うなら、このへんもチェックしておきましょう!

公式サイトで全国のステーション確認

カーシェアを使う時間帯

これも結構重要です。

日中はあまり使わなくて夜によく使うって場合は、夜間の利用料が安いカーシェアを選ぶべきです!

カーシェアの比較サイトなんかで紹介されるのはだいたい日中の料金ね比較してることが多いですが、もし夜使うなら、夜の料金で比較する事が重要です!

日中はA社の方が安いけど、夜はB社の方が安い。なんて事も全然あるので、このへんはしっかりとチェックしましょう!

毎月1回以上利用するか

もし毎月1回以上利用する場合は、どのカーシェアを選んでも大丈夫でしょう。

しかし、もし毎月1回以上利用しないのであれば考える必要があります!

カーシェアのサービスは、基本的には月会費が1000円ほど発生しますが、利用すればその1000円を利用料金に当てる事ができます。

つまり1000円分使ったら支払いは1000円で一回も使わなくても支払いは1000円ってことです!

要は毎月1回以上使わないと、毎月1000円損するわけですね!

そんな方には月額無料プランも用意されています。

下記3社で月額無料プランが用意されていますが、無料の代わりに、毎回の利用料金が高くなりますので、チェックしておくと良いでしょう。

雪道や路面凍結時に利用するか

雪があまり降らない地域では、考える必要がないかもしれませんが、そうでない地域は考える必要がありますね!

カーシェアによっては、スタッドレスタイヤを装着してる車が少なかったりしますし、スタッドレスタイヤ装着車両そのものは多くても、自宅周辺にスタッドレスタイヤ装着車両が置いてなければ意味ないですからね!

この辺もしっかりチェックしましょう!

チャイルドシートを利用するか

もしチャイルドシートを利用するなら、チャイルドシートをレンタルできるカーシェアを利用した方がいいですよね?

ジュニアシート(4歳以上のシート)は、基本的にどのカーシェアでも、1つは付いてます。

しかし、0歳から乗れるチャイルドシートはレンタルできるところが限られてくるので、要チェックですね!


いかがでしたでしょうか?

カーシェアは会社によってサービスや料金が全然違うので、慌てずに選びましょう!

カーシェア3社徹底比較!

カーシェアリングサービスの大手3社の基本サービスを、それぞれ比較していきます!

まずは一番気になる料金で比較していきます!料金は車クラスや料金パックによって変わってきますので、そのあたりも含めて比較していきます。

通常料金(30分単位)で比較

車種 Times カレコ オリックス
コンパクト
※ノート・スイフト・フィット等
¥412 ¥390
※6時間以上利用で+距離料金
¥400+距離料金
ミドル
※セレナ・ヴォクシー等
¥824 ¥450
※6時間以上利用で+距離料金
¥600+距離料金
ベンツ なし ¥510
※6時間以上利用で+距離料金
なし
プレミアム なし ¥720
※6時間以上利用で+距離料金
なし
距離料金 ¥0 ¥16/km ¥16/km

2018年1月現在

料金の安さで比較すると、カレコが一番安いですね!もし安さを求めるならカレコで間違いないでしょう。

ただし、タイムズでは一番安いコンパクト料金で7人乗りのフリードやシエンタに乗れるというメリットもあります。もし安く7人乗りの車に乗りたいのであればタイムズが一番安いということになりますね!

また、コンパクトクラスとミドルクラス以外に、カレコは高級車クラスも用意してあります。高級車に乗ってみたければカレコがおすすめです!

特別な日にはベンツでお出かけなんてのもいいですね!※でも「わ」ナンバーなので、くれぐれも「俺の車だ」なんて自慢しないようにしてください(笑)

パック料金で比較

車種 パック Times カレコ オリックス
コンパクト
※ノート・スイフト・フィット等
6時間 ¥4,020 ¥3,800 ¥3,500+距離料金
12時間 ¥6,690+距離料金 ¥5,300+距離料金 ¥5,200+距離料金
24時間 ¥8,230+距離料金 ¥6,800+距離料金 ¥6,700+距離料金
夜間パック
18時〜翌朝9時
※ORIXは20時〜
¥2,580+距離料金 ¥2,500+距離料金 ¥2,500+距離料金
ミドル
※セレナ・ヴォクシー等
6時間 ¥4,020 ¥3,800 ¥4,000+距離料金
12時間 ¥6,690+距離料金 ¥6,300+距離料金 ¥6,500+距離料金
24時間 ¥8,230+距離料金 ¥7,800+距離料金 ¥8,000+距離料金
夜間パック
18時〜翌朝9時
※ORIXは20時〜
¥2,580+距離料金 ¥2,500+距離料金 ¥2,500+距離料金
ベンツ 6時間 なし ¥4,300
※延長した場合+距離料金
なし
12時間 なし ¥7,300+距離料金 なし
24時間 なし ¥8,800+距離料金 なし
夜間パック
18時〜翌朝9時
※ORIXは20時〜
なし ¥3,000+距離料金 なし
プレミアム 6時間 なし ¥6,800
※延長した場合+距離料金
なし
12時間 なし ¥8,000+距離料金 なし
24時間 なし ¥9,800+距離料金 なし
夜間パック
18時〜翌朝9時
※ORIXは20時〜
なし ¥4,500+距離料金 なし
距離料金 ¥16/km ¥15/km ¥15/km

2018年3月現在

パック料金は、プランによってはオリックスのほうが安くなりますが、総合的に見るとやはり安いのはカレコですね!

ただ、遠出する場合は距離料金のかからないタイムズのほうが安くなることもあります!

タイムズは「6時間パック+延長6時間」で計12時間まで距離料金がかかりません。しかしカレコの場合は6時間パックで少しでも延長すると距離料金がかかります。しかも延長してからの料金でなく6時間パック分の距離料金もかかるので、結構増えてしまします。

例えば、カレコとタイムズで「6時間パック+延長」で12時間で東京から遠出した場合、圧倒的にタイムズのほうが安いです!

カレコタイムズ
東京⇔御殿場¥11,744¥8,700
東京⇔伊豆¥13,244¥8,700
東京⇔那須高原¥14,444¥8,700

こうやって見ると結構さが付きますね!

もし6時間超えの遠出をする場合で12時間以内に帰るような利用をするのであれば、タイムズを選んだほうが安くなりますね!しかもこの料金で7人乗りのフリードやシエンタに乗れますので、非常に助かりますね!

月額料金で比較

月額料金はどこも約1,000円となります。また、学生は基本的に無料となります!
ちなみに、カレコとタイムズは学生の場合4年間無料なので、大学4年生で契約すれば、そこから4年間は月額無料で利用できます!

月額料金 月額料金(学生)
カレコ(careco) 1,030円 4年間無料
Timesカーシェア 980円 4年間無料
Orixカーシェア 980円 無料

月額無料プランで比較

通常月額料金は1,000円程度ですが、下記の3社は月額無料プランが用意されています!

  • オリックス
  • カレコ
  • dカーシェア

ただし、月額無料の代わりに、毎回の利用料金が結構高くなります。
約1.5倍くらいまで料金が高くなりますが、たまにしか乗らない人にはこっちのほうが断然おとくですね!

30分6時間12時間24時間
オリックス月額無料600円5,250円7,800円10,050円
通常プラン400円3,500円5,200円6,700円
カレコ月額無料480円4,600円6,400円8,300円
通常プラン390円3,800円5,300円6,800円
dカーシェア月額無料480円〜4,600円〜6,400円〜8,300円〜
通常プラン390円〜3,800円〜5,300円〜6,800円〜
公式サイトで料金詳細を見る

詳細情報で比較

続いてカーシェア詳細について比較していきます。

カーシェアを選ぶには様々な指標があります!初期費用などのお金のことやステーションの数、車の保有台数やラインナップも変わってきますので、そのあたりも比較していきます!

Timesカレコオリックス
初期費用¥1,550¥0¥1,000
月会費¥1,030¥980¥980
コンパクトクラス料金(1時間あたり)¥824¥780+距離料金
※6時間いないなら距離料金無料
¥800+距離料金
ミドルクラス料金(1時間あたり)¥1,648¥900+距離料金
※6時間いないなら距離料金無料
¥1,200+距離料金
ステーション数10,459ヶ所1,662ヶ所1,654ヶ所
車両保有台数20,985台2,794台2,703台
会員数965,924人73,592人193,182人
入会までの時間当日〜5営業日
※店舗か無人入会機が近くにあれば当日可能
当日
※15時までのお申込みで当日可能
約1週間
スマホで開錠××
乗れる車種ラインナップ28種類38種類18種類
利用できるガソリンスタンドENEOS、出光興産、コスモ石油、エッソ、モービル、ゼネラル、キグナス石油、太陽石油ENEOS、昭和シェル、コスモ石油、エッソ、モービル、東燃ゼネラルENEOS、コスモ石油、昭和シェル石油、Esso、Mobil(モービル)、ゼネラル

初期費用で比較

初期費用はカレコが安いですね!というか無料です

そのほかは、タイムズが1,550円で、オリックスが1,000円となっております。

初期費用はそんなに高いものではありませんし、一度払えば終わりなので、ここは特に考えなくていいと思います。

それよりも、カーシェアを選ぶ際は実際の使用料金や、ステーション数などで選びましょう!

料金(1時間あたり)で比較

カレコが安いですね!

コンパクトクラスではあまり変わらないですが、ミドルクラスになると一気に差が出ます。

タイムズが1時間あたり1,648円なのに対してカレコは900円と、倍近くの差が出ますね!2,3人で乗る場合が多いならどこも変わりませんが、6人以上で利用するなら、カレコがおすすめです!

ステーション数で比較

ステーションの数で選ぶならタイムズ以外の選択肢はないといっても過言ではないほど、差があります。カレコと比較すると、実に9倍近くのステーションを保有しているタイムズ。

さらにタイムズは地方などでも展開しているため、旅行先や出張先で利用したいならタイムズを強くおすすめします。

車両保有台数で比較

こちらもステーション数同様にタイムズがずば抜けてます!その差はなんと、カレコの10倍ちかくの保有台数を誇ってます。

わたしもよくタイムズを利用しますが、車両台数が多い為、土日の急なお出かけでも車を予約できるほど、車両台数に余裕があるんですね!

また、都心や主要都市エリアでは、商業利用が多いようで、土日はほんとがら空きです(笑)もし近くに車が余ってなくても、ちょっと足を伸ばせばだいたい予約できると思います!

会員数で比較

全国展開しているだけあって、会員数もやはりタイムズがダントツで多いです。

まあ、会員数に限っては多ければいいってことはないです。大切なのは会員数ではなく、会員数と車両台数のバランスですね!

車両台数とのバランスで比較
Timesカレコオリックス
会員数965,924人73,592人193,182人
車両台数20,985台2,794台2,703台
1台当たりをシェアする人数45人で1台をシェア32人で1台をシェア65人で1台をシェア

バランスを計算すると、オリックスは1台の車を65人でシェアするのに対して、カレコは1台の車を32人でシェアしてることになります。つまり、車を予約できる確率がオリックスに比べて、カレコは2倍以上の確率で車を予約できることになります

こう考えると、カレコは非常に魅力的ですね!

入会完了までの時間で比較

入会完了して、車に乗れるようになるまでの時間はカレコがダントツで、当日に予約完了して、乗ることが可能です。

タイムズも一応当日に乗ることが可能なのですが、近くに会員カード無人発券機があるか、説明会が当日に開催されている場合にのみ当日に乗ることができます!ちなみにうちの近くには無人発券機はなかったです。。

スマホで開錠で比較

スマホで開錠できるのはカレコだけです。これは魅力的です。

会員カードを家に置いてきてしまうと、オリックスやタイムズの場合は取りに戻らなければいけないのですが、カレコはケータイがあればOKです。

会員カードを発券する手間がなくなるので、当日入会完了が可能なんですね!

乗れる車種で比較

乗れる車種もダントツでカレコです!

いろんな車に乗りたいのなら、カレコを強くおすすめします。

種類の多さもそうですが、高級車にのれるというのも魅力の一つです。カレコではベンツやアウディなど、普段乗れないような車も用意してあるので、特別な日にベンツででかけるなんて事もできちゃいます!

利用できるガソリンスタンドで比較

あんまり興味ないと思いますが、念のため書いときました。

うちの使くはシェルなので、タイムズでは使えません。。

各社の特徴とメリットデメリットで比較!

カーシェアリング各社メリットデメリット

続いてそれぞれのカーシェアリング運営会社の特徴とメリット・デメリットをご紹介していきます!

タイムズカーシェアの特徴とメリット・デメリット

タイムズのメリット

なんといっても最大の特徴はそのステーション数と車両台数の多さです。その数なんと、10,459!

どんなに料金が安くても家の近くにステーションがなければ、毎回車を取りに行くのが大変です。それに車両台数が少なくても困りますね、乗りたいときに車が空いてない!なってことがあるとせっかく契約してる意味がないです。

家の近くだけではありません。タイムズは全国展開なので、旅行先や出張先で利用することが可能なので、やはりステーション数と車両台数は大事ですね!

また、タイムズは駐車場運営を全国で行っており、かなりの台数を置くことが可能で、50万台越えとなっており、まだまだ増えるようです。

つまり、今後も車両台数はまだまだ増える可能性があるんですね!ユーザーにとっては車両台数は多ければ多いほど良いですね!

タイムズのデメリット

デメリットとしては、カレコと比較すると、若干料金が高いところですね。

もし、少しでも料金が安いほうが良いという人には不向きかもしれません。ただそこまで大きく差が出るわけではないですし、多くのメリットを考慮すると、納得のお値段だと感じます。

また、タイムズの場合、6時間コースプラス6時間延長で、最大12時間まで距離料金がかからないということもあるので長距離運転される方は、この料金設定は気にならないと思います!

カレコの特徴とメリット・デメリット

カレコは料金が安く、乗れる車種のラインナップがダントツで多く非常におすすめのカーシェアです。そんなカレコのメリットとデメリットをご紹介していきます。

カレコのメリット

なんといってもカレコのメリットは、車種のラインナップの多さと、その低価格です!

料金は1時間あたり、780円と非常に安い設定となっており、6時間までは距離料金もかからないので、安さを求めるならこれ1択で良いと思います。

また、カレコで乗れる車種の幅ラインナップが非常に多く、その数なんと38種類の車種に乗れます。ベンツやアウディなど、高級外車も保有しているので、特別な日に高級車でおでかけなんてこともできちゃいます!

カレコのデメリット

デメリットは車両台数とステーションの数がタイムズに比べると少ないところですね。ただ、都内や主要都市エリアだけで比較すれば、タイムズに匹敵するほどの密集率だと感じます。私は都内在住ですが、自宅付近にはタイムズと同じくらいカレコのステーションがあります。

なので、都内や主要都市エリアで使うならおすすめできますが、そうでない場合は、ステーション数の少なさがネックになってくるかもしれません。

また、地方での展開はあまりしてないので、旅行先で利用されたい方にとっては不向きかもしれませんね!

オリックスカーシェアの特徴とメリット・デメリット

オリックスカーシェアはご存知オリックスが運営するカーシェアリングサービスです。

オリックスカーシェアのメリット

自社駐車場で展開しているわけではないので、今後ステーション数が増える可能性が高いのは、メリットと言えます。オリックスの場合自社駐車場がないので、他社駐車場の一部を利用して、カーシェアリングサービスを展開しています。そのため、「自社駐車場」という縛りが無い為、どこでも展開できるってわけですね!

オリックスカーシェアのデメリット

会員数が多いので、車の予約がしずらいかもしれません。

オリックスカーシェアのユーザー数は非常に多いのですが、それに伴う車両台数を確保できていないように思います。

Dカーシェアの特徴とメリット・デメリット

Dカーシェアは、最近新しくできたドコモが運営するカーシェアリングサービスで、カーシェアだけではなく、マイカーシェアやレンタカーといったサービスがひとつのアカウントで利用できる、まったく新しいサービスです。

カーシェアサービスとしてはオリックスカーシェアとマイカーシェアが利用できます。

Dカーシェアのメリット

一つのアカウントで、複数のサービスが利用できるのが最大の特徴でありメリットです!

また、月額料金がかからないのも特徴ですね!ほかのカーシェアサービスでは、約1000円ほどの月額料金がかかるのですが、Dカーシェアは月額量がかからないので、まったく乗らない月でも損することはありません

マイカーシェアについては、カレコでも乗れないような超高級車をシェアしているオーナーさんもいるので、そういう車に乗れるのもメリットですね!

Dカーシェアのデメリット

他に比べて料金が割高です。

また、マイカーシェアを利用するときは借りる時と返す時に、かならずオーナーさんと会わなければならないということ。カーシェアの魅力であるお手軽さがマイカーシェアにはないようですね。

今後、利用できるカーシェアがオリックス以外にも増えることを期待します!

ペットの同乗は出来るの?

ここでペットと乗れるかどうかが気になる方もいると思いますので、ご紹介します。

私も愛犬家なので、ペットの同乗はぜひしたいのですが、残念ながら今のところペットの同乗はどの会社もお断りだそうです。。

残念ですね。。

でも名古屋の一部カーシェアでは、許可を得たペットのみ同乗できるカーシェアがあるようですので、名古屋在住の方はチェックしてみてください!

いーなー名古屋。

カーシェアとレンタカーの違い

そもそもカーシェアとレンタカーでは何が違うのかわからない人のために、ざっくり説明しますね!

簡単に言うと

レンタカーは毎回説明を受けて決められた時間内にレンタルしにに行くのに対し、

カーシェアリングはいつでも予約してすぐ乗れるって事です!

つまりレンタカーだと借りるのに説明を聞かなきゃいけないので、基本的に夜中や朝方のの出発は出来なかったんですね!

でもカーシェアは、予約すれば真夜中でも早朝でも、駐車場に行けば車に乗れるんですね!

ほんと便利で助かってます!

詳しくはこちらをどうぞ

カーシェアリングを使う5つのメリット

ここでカーシェアリングを3年間使ってみて感じたメリットをご紹介します!

予約するとすぐ乗れる

これが一番のメリットですね!

まるでマイカーのように自由に乗り降りできるので、本当に助かります。

例えば日曜日に急にホームセンターに行きたくなった場合、レンタカーなんてだいたい空いてないし、今から予約するのも面倒だと、結局諦めてしまう事が多かったです。

でもカーシェアなら、スマホで1分くらいで予約してすぐにホームセンターに向かう事ができます!

乗るのが簡単

レンタカーに比べると乗るのが簡単です!

予約するのも1分ほどで済みますし、予約完了したら駐車場に向かって乗るだけなので、本当にマイカーのように乗る事ができます!

24時間365日いつでも使える

レンタカーだと最短でも6時間位からしか借りれませんが、カーシェアなら10分15分単位で使えるのでチョイ乗りすることができます!

これはかなり便利だと思います!

例えば急な雨で子供を迎えに行きたい時などは、レンタカーじゃできませんからね!

ちなみに知り合いの不動産は、物件の内覧の時に、カーシェアを使って物件に向かうらしいです!

企業目線でもかなり便利なサービスって事ですね!

ステーション数が多い

これもかなりのポイントです!

レンタカーだと、駅前にしかなかったりしますが、カーシェアのステーションは、住宅街の駐車場にあったりすることの方が多いです。

なので駅から遠い人でも、近くにカーシェアのステーションが2個もある。なんて事もあるわけですね!

ガソリン代がコミ

これも最初驚きました!

レンタカーだと、ガソリンは満タン返しが基本ですが、カーシェアの場合毎回ガソリンを入れる必要はありません。

ガソリンがなくなってきたら、車内に置いてある専用のクレジットカードで、対応のガソリンスタンドに行けば入れられます。

自分でガソリン代を払う必要がないんですね!

カーシェアリングを使うデメリット

続いてカーシェアリングを使うデメリットをご紹介します。

  • あまり綺麗じゃない
  • キズとかへこみはグレーゾーン?

あまり綺麗じゃない

これは仕方ないですね。

やはり不特定多数の人が利用するので、どうしても汚く使う人がでてきます。。

そういう時は迷わずカスタマーセンターに電話しましょう。

前に使った人に、綺麗に使うよう注意してくれるので、だんだん綺麗になるはずです!

キズとかへこみはグレーゾーン?

カーシェアリングはレンタカーと違って、借りる時も返す時も無人です。

その為、キズやへこみは自分で確認しなければなりません!

例えば、乗る前にキズの確認を怠ったとして、次使った人がカスタマーセンターに連絡すると、そのキズはあなたのせいになります!

とは言えみんな慣れてくるとキズの確認なんてしない傾向にあるので、なかなか誰のせいとは言えないのが現状だと思います。

ぶつけたら必ずカスタマーセンターに報告しましょう!

カーシェアだとバレる

これはレンタカーも同じですが、基本的にこういう車両は「わ」ナンバーなのと、後ろにカーシェアのステッカーが貼ってあるので、バレます。

「これ俺の車ー」とか言ってもバレて赤っ恥をかくので注意です(笑)

移動以外の利用用途

カーシェアリングは基本的には移動手段として使う人が多いです。当たり前ですが(笑)

ただ、ここ最近では、移動以外の利用者が続出しているようですね!

なんと現状のカーシェア利用者の約1割は、移動以外の利用者だと言うデータもあるようです!

移動以外のの利用者はこんな用途でカーシェアを使ってるようです。

  • 仮眠(休憩)
  • カラオケ
  • 着替え
  • 読書
  • 動画鑑賞
  • 寒さ暑さからの一時避難

確かにまわりにネットカフェなどがない場合、仮眠や読書をするなら、絶好の場所ですよね!

移動手段以外の利用も、一度考えてみるのもいいかもしれません。



いかがでしたでしょうか?

カーシェアリングサービスは会社によって違うので、値段だけではなく、あなたにあったカーシェアリングを選ぶ事を強くおすすめします!

ぜひ楽しいカーシェアライフを送ってください^_^

さいごに

最後までお読みいただきありがとうございます!
このサイトはカーシェアでお困りの皆様に少しでもお役に立てるよう心がけております。
よりたくさんの方に知っていただきたい情報を発信しておりますので、ぜひシェアをお願いいたします。

更新日:

Copyright© カーシェア Japan , 2019 All Rights Reserved.